【沿線調査】三茶、二子玉、たまプラ...田園都市線ユーザーに聞いた住み心地

2016年10月 9日 17:51

「2016年版 みんなが選んだ住みたい街ランキング 関東版」で上位にジャンプアップした東急東横線の「自由が丘」「武蔵小杉」と、東急田園都市線の「二子玉川」。編集部では、東急線のイメージをけん引するこの東急東横線と東急田園都市線に着目。沿線に住んでいる人150名ずつ(計300名)にアンケートを実施し、その住み心地などを調査した結果を路線ごとにお伝えする。今回は「東急田園都市線」にスポットを当て、気になる調査結果を見ていこう。
田園都市線ユーザーの約7割が利便性を評価

田園都市線は、渋谷駅~中央林間駅を結ぶ、全長31.5kmの鉄道路線。全部で27ある沿線駅のいずれかに住んでいる人に、田園都市線のどんなところが好きなのか、気に入っているのかを質問し、あてはまるものを複数選んでもらったところ、ランキングは次のような結果となった。

●田園都市線の好きなところは? ※複数回答
1位:どこに行くにも便利 76.7%
2位:運行本数が多い(5分に1本くるなど)41.8%
3位:ほかの沿線に乗り換えしやすい35.6%
4位:好きな駅やスポットがたくさんある28.8%
5位:都心のターミナル駅に出なくても沿線上に栄えた駅があって便利 27.4%
6位:乗客のマナーが良い 20.5%
7位:乗車運賃が安い19.9%
8位:電車内が綺麗15.8%
9位:駅やホーム、トイレが清潔15.1%
10位:走行中の景色が好き13.7%

1位の「どこに行くにも便利」(76.7%)は、田園都市線ユーザーの約4人に3人が回答。渋谷という巨大ターミナル駅を擁することや、東京メトロ半蔵門線、東武伊勢崎線・日光線と相互直通運転していることも、その理由として挙げられるだろう。

2位の「運行本数が多い(5分に1本くるなど)」(41.8%)と3位「ほかの沿線に乗り換えしやすい」(35.6%)も、4割前後の田園都市線ユーザーが選択。1位と同様、利便性を評価しているユーザーが多いことが分かる。

4位「好きな駅やスポットがたくさんある」(28.8%)と5位「都心のターミナル駅に出なくても沿線上に栄えた駅があって便利」(27.4%)は、3割弱でほぼ並んでおり、沿線駅それぞれに魅力のあることが支持されている。特に、二子玉川、たまプラーザ、青葉台といったエリアは、ショッピングやエンタテイメントの面でも集客力があり、近場で用が足りることに満足しているユーザーたちの姿が浮かび上がった。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報
20190326jtown1.jpg

半年の改築を経て、生まれ変わった城をめぐってみませんか?

20190313touden1.jpg
20190222koshiduka_b.jpg

駅が約100年前の姿を取り戻した! 今こそ遊びに行こう。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ