"住宅版 ゆりかごから墓場まで" 理想郷を目指すまちづくりが進行中

2015年6月23日 12:54

日本の世帯数の将来推計によると、2010~35年の間に世帯主が65歳以上である高齢者世帯は1620万世帯→2021万世帯に、全世帯に占める割合は31.2%→40.8%に増加する。そのようななか、高齢者の住まいについて、今後の在り方が各地で模索されているところ。
千葉県佐倉市にある「ユーカリが丘」は、山万(開発事業主)が1971年の開発スタート以来、自社で住宅地内に鉄道を導入するなど独自の街づくりを推進し、住宅業界でもその動向は注目されてきた。
現在、約7200世帯18000人が住まうこの住宅地も、高齢化率は約25%と低いながらも増加傾向。年をとっても豊かに暮らすための仕組みづくりに、街全体で取り組んでいる現場を訪ねてみた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ