関東と関西の境目は「岐阜県関市」にあった? 30年前の「宣言」がネットで話題に→市役所に真相を聞いてみた

2020年9月25日 20:00

なぜ関市を分岐点に?

Jタウンネットは9月25日、関市観光課の担当者に詳しい話を聞いた。

宣言のモニュメントは関市の展示施設「関鍛冶伝承館」の玄関前に設置。担当者によれば、宣言の経緯には関市の歴史的背景と、地理的要因が関係しているという。

食べ物や言葉など、古くから東西文化の要地だった関市。京都から飛騨に通じる交通の分岐点として栄え、「関所」が置かれたことから「関」という地名になった。

そして、関市は日本列島のほぼ中心に位置。また、1990年(平成2年)の国勢調査では、人口重心地が岐阜県郡上郡美並村(現・郡上市)に存在したことも要因の一つになったそうだ。

ここで気になるのが、人口重心地が美並町にあったことと、関市の宣言の関係性。担当者に聞いてみたが、詳細はわからなかった。

ただ、2005年に合併した旧・美並村と、04年に合併した旧・関市は、美濃市を挟んで比較的近い場所に位置しており、それが関係しているのではないかと担当者。

なお、05年、10年、15年の国勢調査における人口重心地は関市の武儀地域だ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ