「ウチの店は今月末で閉めるけど...」 コロナで閉店を決めたバーからのメッセージに反響「切ない」「なんか泣けた」

2020年6月 3日 17:00

京都市内のバー「OPUS ONE & meno mosso」(オーパスワン メノモッソ)。

新型コロナウイルスの影響による営業不振を受け、2020年6月30日での閉店を決めた。そんなバーが店の入口に設置した看板が、「泣ける」とツイッターで話題となっている。

画像は木賃ふくよし(@wb_opus_1)さん提供
画像は木賃ふくよし(@wb_opus_1)さん提供

「ウチの店は今月末で閉めるけど、
撤退は失敗したと思うぐらいの景気になりますように」

この看板は、店主の木賃ふくよしさんが1日にツイッターで紹介し、注目を集めた。ツイッターでは

「切ないですね」
「なんか泣けた。このお店に行きたかった」
「優しい店長さんなんだろうな」
「お店が復帰出来る程の好景気になりますように・・・」

といったコメントが寄せられている。

Jタウンネットは3日、店主の木賃さんに看板について話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ