「隣人は野球選手で道路族。住宅街なのに激しいキャッチボール、プロの投手が何を考えてるの?」(神奈川県・年齢性別不明)

2020年9月21日 17:00

近所に住む元野球選手が、いわゆる「道路族」で困っています――

隣人への不満を連ねたこんなメールが、Jタウンネット編集部に届いた。投稿主は、横浜市に住むUさん(仮名、性別不詳)である。

その元野球選手は、住宅地の道路をまるで自分の庭(というよりグラウンド)扱いしていて、そこでよく息子や孫とキャッチボールをしているのだとか。この道路野球は、その選手が現役時代から続く習慣だという。

しかも、ふんわりとボールを交わすだけでなく、グローブからパーン!と大きな音が響くほどの勢いで投球をすることもあったそうだ。Uさんは硬球を使っていたのではないかと推測するが、それがもし本当ならばかなり危険である。

その選手はすでに引退し、現在は少年野球の指導をしているそうだが...。そんな隣人に対して、Uさんは次のような皮肉を送っている。

「引退してからは少年野球の指導をしてるようですが、子供達に道路でキャッチボールをしてもいいと指導しているのでしょうか?」

では、Uさんから届いたメールをもう少し詳しく見ていこう。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ