平成30年特別展 少女ゴコロと竹久夢二

2018年10月 6日 10:00

   竹久夢二(1884~1934)は明治末から昭和初期に一世を風靡した画家で詩人、デザイナーです。西洋のアールヌーヴォー、日本の浮世絵などを独自の感覚で融合した画のスタイルで人気を博しました。夢二は女性の美しさをテーマとした画を多く描きましたが、それらは「夢二式美人」と称されます。また便箋や封筒といった日用品、本の装幀などにみられるデザイナーとしての側面も見逃せません。本展では、夢二が八幡に残したひとつの作品を手掛かりに、夢二の作品世界を覗いてみたいと思います。肉筆作品約10点をはじめ、版画や装幀本など約40点をご紹介します。

イベント詳細ページへ

会期

2018年10月27日(土) ~ 12月9日(日)

会場

八幡市立松花堂庭園・美術館

所在地

〒614-8077 京都府八幡市八幡女郎花43-1

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ