国宝 一遍聖絵と時宗の名宝

2018年10月 4日 10:16

   遊行や踊り念仏などで知られる時宗は、宗祖一遍上人(1239-89)によって開かれました。この時宗を教団として整備し、大きく発展させたのが二祖の真教上人でした。2019年に真教上人(1237~1319)の七百年遠忌を迎えるのを記念して、時宗の名宝を一常に会する展覧会を開催いたします。全国各地を遍歴した一遍の生涯を描いた国宝「一遍聖絵」(清浄光寺蔵)、真教の足跡をつづった「遊行上人縁起絵」、歴代祖師の肖像彫刻や肖像画など、時宗の名宝の全貌をご堪能いただく、またとない機会となることでしょう。なかでも、「一遍聖絵」は鎌倉時代を代表する絵巻で、大判の絹地に当時の風景や人物が精細に描かれ、中世の歴史を語る上でも重要作品です。全十二巻を全巻公開します。※会期中、展示替え・場面替えあり

イベント詳細ページへ

会期

2019年4月13日(土) ~ 6月9日(日)

会場

京都国立博物館

所在地

〒605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ