「宍粟」←この地名、どう読むか分かる?

2020年9月22日 08:00

日本全国にいくつもある「難読地名」。変わった読み方を覚えながら、その土地についても学んでいきましょう。隔日出題、クイズ形式でお届けします。

今回は兵庫県の難読地名。

「宍粟」

この地名、どう読むか分かりますか?

ヒント:し○○
ヒント:し○○

答え

「しそう」

県中西部にある市名。市中心部の鹿沢(しかざわ)が、古くは「ししさわ」と読まれたことが由来とされる。それがししあわに転じ、「宍粟」という漢字が当てられ、それがさらに転じて「しそう」という読みになったと言われている。

town20200805191157.jpg

きょうの難読地名

一筋縄では読めない全国の難読地名を、Jタウンネットがクイズにしてご紹介。過去の問題はこちらのページから。
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ