実録!京都人の「嫌味」体験談 うるさい観光客に「元気やね」、根深い「洛中・洛外」問題も...

2019年1月10日 17:11

かの有名な「ぶぶ漬け」のエピソードをはじめ、京都人の物言いには、どういうわけか以前から「嫌味」とのイメージが付きまとう。

念のためだが、ぶぶ漬けとはお茶漬けのこと。京都人が家を訪れた客にこれを薦める際には、暗に「そろそろ帰って」との意味が込められていると言われる。京都人のウラオモテある気質を示す小噺だ。

京都に住んでいて、リアルに聞く頻度が高い嫌味とは?(Norio NAKAYAMAさん撮影, Wikimedia Commonsより)
京都に住んでいて、リアルに聞く頻度が高い嫌味とは?(Norio NAKAYAMAさん撮影, Wikimedia Commonsより)

そんな京都に関して、いま「京都で聞く頻度が高い嫌味」について取り上げたツイートが話題になっている。いったい、どういう内容なのだろうか。Jタウンネット編集部は調査を進めた――。

アクセスランキング
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ