「美しさよりも効率重視」でコスト削減 西友の陳列棚に称賛「ほかの店も見習うべき」

2020年1月14日 20:00

「美しく並べるよりも、効率的に並べる」

大手スーパーの西友が陳列棚に掲示するPOPに、ツイッターで注目が集まっている。

店内に掲げられたPOP(画像はとまとにんじん。(@jp_tomato)さんから)
店内に掲げられたPOP(画像はとまとにんじん。(@jp_tomato)さんから)

乱雑に配置された、陳列棚の中のカップ麺。その棚には、以下のような文言のPOPが掲げられている。

「無造作に投げ込んだかのように見えるカップラーメンやお菓子のバスケット陳列。あえてこのように並べることで、作業効率をグンとUPさせて、コストの削減につなげています」

無造作?(画像はとまとにんじん。(@jp_tomato)さんから)
無造作?(画像はとまとにんじん。(@jp_tomato)さんから)

縦と横にキチンと整理するよりも、無造作に。そうしたほうが作業効率は上がり、コストが削減されるという。こちらの写真を投稿した、ツイッターユーザーのとまとにんじん。(@jp_tomato)さんも、

「ほんまこれやからまじでどこのスーパーも見習うべき」

としている。投稿を見た人は

「ほんまそれ。どう置こうが中身一緒やから」
「この方が購買意欲上がるなあ」
「綺麗に並べてるよりも正直食欲わく」

と反応している。Jタウンネットは、POPを制作した西友に改めて意図を聞いてみた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ