酒米は食べても美味しい!? 兵庫発「山田錦」のもちもちパンにリピーター続々

2017年12月14日 17:00

おいしい日本酒を生み出す最高の原料として知られている山田錦。「酒米は食べてもおいしくない」というイメージがあるが、兵庫県三木市のパン店「ピストリーナマツヤマ」の山田錦を使ったパンはおいしいと地元で話題になっているそうだ。

Jタウンネットはピストリーナマツヤマに取材をし、その開発エピソードを聞いた。

写真提供:ピストリーマツヤマ(以下同)
写真提供:ピストリーナマツヤマ(以下同)

「もう、ほかのパンは食べられへん...」

取材に応じてくれたのは、社長の松山敏郎さん。いまから5年ほど前に、地元の食材をつかったパンを開発したいと考えた。

「兵庫県は日本一の山田錦の産地です。米粉を使った食品はいろいろありますが、山田錦をパンに混ぜたらどうだろうと、まずは米を粉状に加工するところからスタートしました」

いざ、粉にしてみたら、小麦粉とはまったく違い、パンにするために最適な粉の細かさはどのくらいなのか、調整しなければならなかったという。そして、米粉と小麦粉の配合バランス、焼き方などあらゆる工程で試行錯誤しながらようやく完成させた。

「作ってみたら、もちもちした食感で、ほんのり甘い米の香りがするおいしいパンになりました。最初に『山田錦のパンドミ食パン』を販売すると、お客さまにも好評で『おいしくて、もうほかのパンは食べられへん...』とリピートしていただいたときは嬉しかったです」
『山田錦のパンドミ食パン』345円
『山田錦のパンドミ食パン』345円

生地の味が楽めるよう、シンプルに

その後、みそパン、マドレーヌ、抹茶ホワイトチョコ、抹茶あんぱん、つのパン、黒糖黒みつきなこなど山田錦を使ったパンを次々に開発。現在は7種類にも増えた。

一番人気は「山田錦のパンドミ食パン」で、1日30斤までしか作れないため、予約する人も多いという。

上段左から、山田錦のみそパン(300円)、山田錦の黒糖黒みつきなこ(140円)、山田錦のつのパン(162円)。下段左から、山田錦の抹茶あんぱん(150円)、山田錦の抹茶ホワイトチョコ(140円)、山田錦のマドレーヌ(160円)
上段左から、山田錦のみそパン(300円)、山田錦の黒糖黒みつきなこ(140円)、山田錦のつのパン(162円)。下段左から、山田錦の抹茶あんぱん(150円)、山田錦の抹茶ホワイトチョコ(140円)、山田錦のマドレーヌ(160円)

「どのパンも、パン生地を味わってほしいので、くどくなく、できるだけシンプルな味つけにしています。地元ならではのパンをこれからも作っていきたいと思っています」

山田錦を使ったパンは、店頭での販売が基本だが、取り寄せ希望者は電話で相談が可能だ。

town20171212165503.jpg

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ