マッチョうさぎの存在感がすごい 神戸屋「きんにくぱん」のパッケージが謎だと話題に

2020年4月 7日 17:00

「きんにくぱん」はプロテイン配合

企画責任者だという担当者によれば、きんにくパンの販売は4月1日から。ネーミングの理由について、次のように話している。

「文字通りプロテイン(タンパク質)配合のパンを使っているためです。面白おかしく、インパクトのある名前を付けられないかということで『きんにくパン』になりました」

きんにくぱん・たまご(画像は神戸屋公式サイトより)
きんにくぱん・たまご(画像は神戸屋公式サイトより)

企画は昨年10月ごろから始めた。当初は「プロテイン入りのつぶあんぱん」といった名前も考えたが、それではお客さんに響かないと考え直して、たどり着いたのが「きんにくぱん」だ。

きんにくぱんでは、ムキムキのキャラクターについても「とにかく楽しく面白く」を意識。

「『キモカワイイ』キャラクターを作れないかな、動物だったらできるんじゃないかなと案を膨らませました」(企画担当者)

つぶあんバージョンの肩から出ている小豆も、やはり楽しさを意識して入れたものだという。

しかし残念ながらきんにくぱんは4月限定商品。関西、関東、中国・四国、東海地方(一部地域を除く)のスーパーやドラッグストアなどで販売している。

担当者は商品がツイッターで話題になったことについて、

「広告宣伝しているというわけではないので、意外でした。お客さんに響くものがあったのかなと思います」

と話している。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ