「新宿に生きた縄文人」が某Vシネ俳優そっくりだった

2014年8月12日 18:06

日本国内で実施される発掘調査は毎年約8000件といわれる。文化庁主催の「発掘された日本列島展」は、前年に行われた調査の中から、全国的に注目された出土品や成果を紹介する。1995年から始まった展示会は「考古資料のグランプリ大会」と呼ばれるほどで、専門家でも滅多にお目にかかれない資料が勢揃いする。
2014年は宮城・東京・大阪・長野・福岡にある各博物館を巡回展示。現在は江戸東京博物館(東京都墨田区)で開催中だ。

同時開催の地域展「新宿に生きた縄文人」では、2012年に防衛省近くの新宿区市谷加賀町二丁目で出土した、5000~4000年前の人骨や土器、腰飾などが公開されている。関東の土壌は酸性のため通常骨が分解しやすいのだが、良好な保存状態で見つかるのは大変珍しい。

「地域展 新宿に生きた縄文人」のチラシ(写真は編集部が撮影)
「地域展 新宿に生きた縄文人」のチラシ(写真は編集部が撮影)
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ