浴衣の腰帯に挿して練り歩いてみたい!手に入らないだろうけど!

2014年8月11日 19:28

2014年8月31日まで、大阪市天王寺区の大阪市立美術館にてコレクション展「煙管筒 明治・大正の細密工芸」が開催されています。観覧料は一般300円、高大生200円、中学生以下無料。

宝尽くし蒔絵煙管筒(大阪市立美術館ホームページより)
宝尽くし蒔絵煙管筒(大阪市立美術館ホームページより)

明治の廃刀令以降、腰帯に煙管筒(きせるづつ)を挿すことが流行し、その後、紙巻煙草が普及するまでの短い間ですが、煙管筒制作には様々な工芸家があたり技を競いました。同展はその煙管筒、同館所蔵の42点が展示され、美しい蒔絵の煙管筒などを見て楽しむことができます。(Jタウンネット大阪)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ