明治時代にタイムスリップ! 「岩手銀行赤レンガ館」の内部建築が最高すぎる

2020年1月22日 20:00
岩手銀行赤レンガ館の内部(写真提供はすべて、岩手銀行赤レンガ館)
岩手銀行赤レンガ館の内部(写真提供はすべて、岩手銀行赤レンガ館)

岩手県の県庁所在地・盛岡市は、旧南部藩の城下町であり、石川啄木や宮沢賢治が青春時代を過ごした街としても知られる、歴史と文化を誇る都市だ。ここに1911年(明治44年)に建てられたという赤レンガ造りの洋館がある。「岩手銀行赤レンガ館」だ。

場所は、啄木が「不来方のお城の草に寝ころびて 空に吸はれし 十五の心」と詠んだ、盛岡城(旧不来方城)のすぐ近くだ。北上川の支流・中津川に架かる中の橋付近で、盛岡市中心部のランドマークとなっている。

この「岩手銀行赤レンガ館」について、2020年1月15日、次のようなツイートが投稿され、話題となっている。

「フラッと寄ったら想像以上に最高だった」という感想と共に、投稿者の幣束さん(@goshuinchou)が撮影した写真が添えてある。

この建物は、東京駅の設計者として名高い辰野金吾の設計。1994年に国の重要文化財に指定され、岩手銀行中ノ橋支店として2012年まで営業を続けていた。その後、復元工事に入ったと聞いていたが、内部公開が始まっていたのだ。

ツイッターには、「何回か前を通ったことあるけど、内部も見ることができるのか」「天井高いっすね~」などといった反響が寄せられ、22日15時時点で6600を超える「いいね」が付けられている。

Jタウンネット編集部は、「岩手銀行赤レンガ館」について詳しい話を聞いてみた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ