線香花火といえば、「スボ手」か「長手」か? 夏の風物詩に東西差

2018年7月13日 06:00

夏の風物詩ともいえる線香花火。しかし、線香花火にも種類があり、西日本と東日本で親しまれてきたタイプが違うという。

ワラスボ(藁の柄)の先に火薬を付けた「スボ手」と、カラフルな和紙に火薬を包んだ「長手」。大きくこの2タイプに分類される線香花火だが、読者の皆様はどちらのタイプにより親しまれてきたことだろうか。

編集部内でも出身により親しんできたタイプが異なるようで、東日本出身の記者はスボ手タイプを知らなかったが、徳島県出身の60代男性記者からはスボ手との声が挙がった。また、奈良県出身の20代男性記者は、子どものころにスボ手で遊んだ覚えはあるが、今は長手との声も挙がり世代により違いがあるようだ。

そこでJタウン研究所では、「線香花火といえば、どっち?」という質問で2017年7月28日から2018 年7月9日まで読者アンケートを行った(総得票数864)。果たして地域差はあるのだろうか――。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ