埼京線ホーム移設で渋谷駅が大はしゃぎ 話題のポスターの真意は?JRに聞いた

2020年6月18日 06:00

「もう、長く歩かなくてもいいんです!!」
「すぐ乗れる 最強最高!」
「こんなに埼京ホームが近いなんて...夢みたい(ハート)」

渋谷らしい...と言えばいいのだろうか。こんなハイテンションなポスターがJR渋谷駅の構内に貼られている。

駅員も大喜び(画像はきたむ~@kitamugreatさん提供)
駅員も大喜び(画像はきたむ~@kitamugreatさん提供)

メッセージは明らかに手書き。その周りには、両手をあげて喜ぶ駅員、ガッツポーズをする駅員と、まるでお祭り騒ぎだ。これを撮るためにいろいろポーズを考えている駅員を想像すると、なんだか優しい気持ちになる。

このポスターは、かつて山手線と約350メートルも離れていた埼京線のホームが移設され、2020年6月1日に横並びになったことを受けて掲示されたもの。もはや別駅のような距離がなくなったと考えれば、この喜びようも分かる気がする。

ツイッターではこの様子が話題となり、

「渋谷は駅員さんもパリピなんだね」
「ホーム移設を歓迎するJR渋谷駅の駅員の方々だけど喜びすぎ(笑)」
「渋谷駅の駅員が体張っててwww」

といった声が寄せられている。

「喜びを分かち合いたい」

Jタウンネットは17日、JR東日本東京支社広報部を通して渋谷駅の担当者に取材した。

担当者によれば、ポスターは12日から、渋谷駅のハチ公口、南口から埼京線新ホームへの乗り換え通路に掲示されている。

ポスターに掲載されている人物は、全員が渋谷駅で働く社員。手書きのメッセージも社員が考えたものだが、写真の人物が考えたものとは限らないそうだ。

今回のポスターを掲示した理由を、担当者は次のように話す。

「6月1日にホームが並列化となり、『ホーム並列化の喜びをお客さまと分かち合いたい』『渋谷駅のファンを作りたい』という社員の思いから、社員の顔出しポスターを作成しました」

制作も社員が手掛け、全部で19パターンあるという。

にぎやかだ(画像はJR東日本提供)
にぎやかだ(画像はJR東日本提供)

山手線と埼京線のホームが近づいたことは、利用者にとってはもちろん嬉しいことだが、駅員にとってもそうなのだろうか。ポスターの駅員たちは並列化を心から喜んでいるように見える。

担当者に聞いてみたところ、

「『分かりにくい駅構内の構造が解消され、乗換ルートなどのご案内がしやすくなった』と駅社員からの意見がございます」

とのこと。たしかに、これで乗換時に迷う客も少なくなるだろう。

担当者はポスターが話題になったことについて、「想像以上に反響が大きく驚いております」としている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ