道頓堀の次は「代々木公園」? アルゼンチン・リーベルサポ、19日午後に集結宣言!

2015年12月18日 16:53

日本で開催中の「FIFAクラブワールドカップ2015」 は、南米代表リバープレート(アルゼンチン)と欧州代表バルセロナが勝ち進み、いよいよ2015年12月20日、決勝が行われる。強豪同士の対決で、それぞれの国から熱心なサポーターが応援に駆け付けることが予想される。

なかでもリバープレートのサポーターは、かなり元気が良い。15日夜には、大阪・道頓堀に大挙して押しかけ、気勢を上げて、話題となっている。ツイッターには、次のような写真付きのツイートも投稿されている。

写真には、道頓堀の戎橋付近をぎっしり埋めているサポーターたち。周辺はリバープレートのチームカラーの赤と白で埋め尽くされている。「ただいま道頓堀がリーベルサポによって侵略されているようです」というコメントも添えられている。「リーベル」とはリバープレートのこと。現地では、スペイン語読みでこう呼ばれる。

16日行われた準決勝では、リバープレートがサンフレッチェ広島を1-0で下した。歓喜したサポーターは大阪の街に繰り出して、ハメを外して大はしゃぎしたと聞く。

そのサポーターたちが大阪から関東へ、続々と移動している。20日の決勝が行われるのは横浜の国際総合競技場だが、どうやら東京にも出没し始めたようだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ