大山エンリコイサム 「Kairosphere」

2019年1月19日 10:10

   ニューヨークを拠点に活動する大山エンリコイサムは、「クイックターン・ストラクチャー」と呼ぶ表現を用い、制作を続けるアーティストです。「クイックターン・ストラクチャー」とは、地下鉄や都市の壁などにかかれたライティング(グラフィティ)の文字や色彩を取り除くことで見えてくる描線の型「クイックターン」を使用して画面を構築する、大山独自のスタイルです。彼は過去15年間にわたり、カンヴァスや壁、ファウンド・オブジェクト、さらにコム・デ・ギャルソンとのコラボレーション(2011年春夏パリ・コレクション)では衣服など、多様なメディアに「クイックターン・ストラクチャー」を展開してきました。国内初の美術館での個展となる本展では、初公開となる新作の絵画《FFIGURATI#207》(2018年)を展示いたします。縦244cm、横幅914cmという過去最大の絵画作品は、15年間の制作活動で積み重ねられてきた「クイックターン・ストラクチャー」の集大成とも言えるでしょう。また、彼にとって制作の節目となった、アクリルを用いた立体作品《FFIGURATI#9》(2009年)も併せて展示することで、これまでの探究の軌跡をご覧いただけます。【作家プロフィール】大山エンリコイサム(おおやま・えんりこいさむ)1983年、東京生まれ。慶応義塾大学卒業後、東京芸術大学大学院修了(2009年)。エアロゾル・ライティングのヴィジュアルを翻案したモティーフ「クイックターン・ストラクチャー」をベースに壁画やペインティングを制作する。ポーラ美術振興財団在外研修員としてニューヨークにて研修(2013年)。主な個展に「ImprovisedMural」ロンドン芸術大学チェルシー校(ロンドン、2015年)、「Windowsill」ルミネゼロ(東京、2017年)、「Ubiquitous:EnricoIsamu?yama」マリアンナ・キストラー・ビーチ美術館(カンザス、2017年)、「Black」タクロウソメヤコンテンポラリーアート(東京、2018年)など。著書に『アゲインスト・リテラシー―グラフィティ文化論』(2015年、LIXIL出版)。現在ニューヨーク在住。【会場】ポーラ美術館アトリウムギャラリー

大山エンリコイサム《FFIGURATI#9》2009アクリル性エアロゾル塗料/アクリルキューブArtwork©EnricoIsamuŌyama

イベント詳細ページへ

会期

2019年3月23日(土) ~ 7月28日(日)

会場

ポーラ美術館

所在地

〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285

インターネットミュージアム
神奈川県 最新記事
2019/2/23

解決が難しい町内会トラブル。先日、Jタウンネットが体験談を募集したところ、青森県に住むXさん(30代・女性)から、さっそく投稿が届いた。「リアル八つ墓村で...

2019/2/22

TBS、置物のミミズクを本物と間違える――。2019年2月21日、インターネット上の話題をさらったこのニュース。まさかすぎるミスに、思わず噴き出してしまっ...

2019/2/22

ひょんなことから、いまネットで注目を集めているゆるキャラがいる。戸塚区(神奈川県横浜市)のマスコットキャラクター「ウナシー」だ。 ご覧の通り、かなりゆるい...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
ひろしまサンドボックスチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
注目情報

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

20190222koshiduka_a.jpg

老舗精肉店が挑む「福島牛」にかける挑戦

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ