うどん1玉の量、どのくらい? 東西ではっきりと違いが...

2018年8月17日 06:00

東日本と西日本でうどん出汁に違いがあるというのは、有名な話だ。一般的に「東は濃味、西は薄味」と言われている。しかし、うどん1玉の量に東西の違いはあるのだろうか。

Jタウンネット記者が以前、愛知県出身の知人から、

「関西の方だと200~230gくらいで、関東だともう少し多いような気がするんですよね。すべてのお店を計って比較したわけじゃないですけど」

と聞き、果たして東西でうどん1玉の量に違いがあるのか疑問に思った。ちなみに、スーパーなどで市販されているうどん1袋の麺量は180~200gが多く、最大で220gあたりのようだ。

そこでJタウン研究所では2018年4月18日から8月13日の期間、「うどん1玉の量って、どのくらい?」という質問で読者アンケートを行った。(総得票数527)。果たして結果はどうなるか――。

Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報
20190326jtown1.jpg

半年の改築を経て、生まれ変わった城をめぐってみませんか?

20190313touden1.jpg
20190222koshiduka_b.jpg

駅が約100年前の姿を取り戻した! 今こそ遊びに行こう。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ