熱海の「毒まんじゅう」売れすぎて休業→再販! 三連休の売れ行きは...

2018年9月18日 17:00

熱海温泉の新名物として、2018年8月8日に「伊豆半島合同会社」(静岡県熱海市)が発売した、ドクダミ入りの「熱海温泉 毒饅頭」。

週1日の店舗販売のみ、しかもお店の場所がよくわからないという状態でのスタートだったが、各メディアが取り上げたこともあって、発売後は1日数百個も売れるほど人気商品になったそうだ。発売後わずか2週間で製造が追いつかなくなり、一時休業していた。

「熱海温泉 毒饅頭」
「熱海温泉 毒饅頭」

そんな「熱海温泉 毒饅頭」が、増産に加え週2日の営業に拡大し、2018年9月15日正午から販売を再開した。再開してからの反応は? Jタウンネットは、18日に販売元に取材し、様子を聞いた。

Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ