ミュージアム情報 鹿児島県

ミュージアム情報

2019/5/26

展示車両に乗り、デジタルカメラで撮影し、ポストカードにしてプレゼントします。今回の車両は、イベコ・マギルス梯子自動車です。第1回 午前10時~11時30分...

2019/5/26

児童文学のなかでも、世界中でもっとも人気のある作品のひとつ『クマのプーさん』。著者A.A.ミルンと、挿絵を担当したE.H.シェパードによって、1926年に...

2019/5/26

退廃的な生活を送る美少年ジルベールと正義感あふれる少年セルジュ。この二人の主人公を中心に、ラコンブラード学院の寄宿舎で繰り広げられる代表作『風と木の詩』は...

2019/5/26

テーマ作品展は、東山魁夷(1908-1999)の版画を中心とする当館所蔵作品の中から、季節や画題、取材地などのテーマに基づいて作品を選び紹介する所蔵作品展...

2019/5/26

ピースおおさか(大阪国際平和センター)では、春休み期間中、アニメ映画『ガラスのうさぎ』と『フイチンさん』を特別上映します。①『ガラスのうさぎ』[83分]1...

2019/5/26

A-Labでは、Exhibitionvol17は川田知志、迎英里子による2人展『「街と、その不確かな壁」と…。』を開催します。川田知志は、これまで、漆喰に...

2019/5/26

明治5(1872)年の海軍創設後に制定された「海軍服制」は、海軍軍人の制服(軍服)について、階級や職務ごとに軍服の型や色、装飾等を詳細に規定しています。そ...

2019/5/26

平成24年に文化勲章を受章した日本画家・松尾敏男は、牡丹の名手として知られていますが、初期から晩年に至るまで花鳥・人物・風景・動物と幅広いテーマに取り組み...

2019/5/26

しまね家庭の日のため、高校生以下の観覧料が無料になります。[日にち]2019年3月17日(日)[内容]高校生以下の観覧料無料[手続き]総合受付(チケット売...

2019/5/26

松伯美術館では開館(平成6年)以来、毎年、公募展を開催しており、平成26年度までは「松伯美術館花鳥画展」として花鳥画をテーマに公募してきました。平成27年...

2019/5/26

開館12周年を記念した体験イベントを行います。【体験内容】・しまねっこ、雲太くん&出雲ちゃんと写真を撮ろう(1日2回)・絵本の読み聞かせ(1日2回:20分...

2019/5/26

中世以来、商港都として発展してきた尾道には、かつて、文人墨客が来訪し、その足跡を留めてきたように、今も独自に美しい景観と風情を求めて、多くの画家が訪れます...

2019/5/26

第一次世界大戦終結までの123年間、地図から姿を消していた国・ポーランド。日本にはあまり馴染みのない、遠い国かと思っていたら、大間違い!第二次世界大戦中も...

2019/5/26

閑静な住宅街にある個人美術館で、兵庫県出身の画家・笹倉鉄平(1954~)の企画展を開催しています。笹倉鉄平は“光の情景画家”と称され、その多彩な光の表現は...

2019/5/26

今年創刊50周年を迎えた小学館のマンガ雑誌『ビッグコミック』。マンガが若者たちの文化として大きく拡がり始めた1960年代に登場し、「大人のためのコミック誌...

2019/5/26

ブリヂストン美術館が所蔵する貴重なコレクションの中から、代表するいくつかの作品を担当学芸員がスライドで紹介。今回は「ロートレックとサーカス」、「たわら屋と...

2019/5/26

赤い色をしたきょうだいたちの中で、唯一黒い魚の物語『スイミー』は、小学校の教科書に掲載され、日本全国で親しまれています。その作者として知られるレオ・レオー...

2019/5/26

ミッフィーの生みの親であるディック・ブルーナ(1927-2017)は、オランダを代表する絵本作家でありグラフィックデザイナーです。彼が手がけた数多くの絵本...

2019/5/25

『解体新書』は、西洋医学を紹介した日本初の翻訳書として著名ですが、馬の医学書も江戸時代に西洋科学の影響を大きく受けました。本展覧会では、馬医書に描かれた不...

2019/5/25

1924(大正13)年生まれの相田みつをは、戦中戦後の動乱の時代に青春時代を過ごします。その後、書家・詩人として独自の道を歩み、1991(平成3)年に亡く...

アクセスランキング
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ