マズすぎて誰も食べなかった? シーラカンスが「絶滅しなかった理由」解説したイラストが話題

2020年5月14日 11:00

皆さんはシーラカンスをご存じだろうか。

一度は絶滅したと考えられていたが、1938年に南アフリカで発見され「生きた化石」と呼ばれている謎めいた魚だ。

そんなシーラカンスの「絶滅しなかった理由」を説明したイラストがツイッターで話題となっている。それがこちらだ。

シーラカンスもびっくり(画像はさかなのおにいさん かわちゃん@sakana_broさん提供)
シーラカンスもびっくり(画像はさかなのおにいさん かわちゃん@sakana_broさん提供)

「まずかったから」とは、思わずずっこけてしまいそうな理由だが...。

「マジ?」と驚くシーラカンスの下には、「食べた人いわく、水にぬらした歯ブラシみたいだそう」との情報も。水にぬらした歯ブラシ...。もそもそしているということだろうか。何にせよ、美味しそうでないのは確かだ。

こちらのイラストは、2020年5月11日に「さかなのおにいさん かわちゃん」(@sakana_bro)こと川田一輝さんがツイッターに投稿したもの。

本業は関西のラジオDJだという川田さん。魚が好きで、その魅力を伝えるために19年から絵を描き始め、ツイッターやインスタグラムで公開している。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ