知らないでは済まされない!ここ数年の道路交通法の改正点をおさらい

2018年4月13日 16:56
%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3630%C3%97300.jpg

道路交通法は話題性のあるものはニュースで取り上げられますが、そうでもないものはいつのまにか変わっていることがあります。
自動車・バイク・自転車・歩行者それぞれのルールがありますのでバイクとは直接的に関係ないものも大半ですが、知っておく必要があります。
気になったら全日本交通安全協会のHPを見てみてください。

■平成27年6月17日施行
運転免許の仮停止の対象範囲の拡大
運転免許の仮停止の対象になる事故理由が拡大。
酒気帯び運転や過労運転等も対象になりました。

■平成27年6月1日施行
自転車の運転による交通の危険を防止するための講習に関する規定の整備
自転車の危険運転が摘発されるようになりました。
こちらはかなりニュースになりましたが、目に見えた効果が出た印象はないかもしれません。

一定の病気に該当すること等を理由として免許を取り消された場合における再取得した免許に係る免許証の有効期間に関する規定の整備
運転をするのに支障がある病気になると免許が取り消されますが、取り消しから3年以内に病気が治療し再取得した場合はその期間中も免許が継続されていたものになるそうです。
一定の病気とは統合失調症、認知症およびてんかんなど。

■平成27年4月1日施行
運転免許等に関する手数料の標準の改正
運転免許取得・更新関連の手数料が値下げされました。

■平成26年9月1日施行
環状交差点における車両等の交通方法の特例に関する規定の整備
環状交差点の規定が以下のように整備されました。
・左折等するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り環状交差点の側端に沿って徐行しなければなりません。
・車両等は、環状交差点内を通行するほかの車両等の進行妨害をしてはいけません。
・環状交差点に入ろうとするときは、徐行しなければなりません。


■平成26年6月1日施行
一定の病気を原因とする事故を防ぐために
運転に支障がある病気になった人の免許を取り消すための判断基準や規定を整備しました。
2012年には運転手の持病のてんかん発作が原因による大事故がありましたし、早急な整備が必要でした。

放置違反金の収納事務の委託に関する規定の整備
一部の放置違反金をコンビニで支払うことができるようになりました。

取消処分者講習に関する規定の整備
これまでは取消処分者への書類の交付は逃げ得になるケースが有りましたが、それを防ぐために規定を改正しました。

■平成25年12月1日施行
悪質・危険運転者への対策
無免許運転などの罰則が強化されました。

自転車の検査等に関する規定の新設
ブレーキに問題が有ると判断された自転車を警察官が止めて検査をすることができるようになりました。

軽車両の路側帯通行に関する規定の整備
自転車の路側帯の右側通行に関して罰則が定義されました。


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイク買取販売店「バイクパッション」

バイク買取販売のバイクパッションです。日本全国のツーリングロードや景色のいい場所、最新のバイクニュースなど、バイク好きな方やこれからバイクの購入を検討されている方に役立つような情報を発信していきます。
鹿児島県 最新記事
2018/9/14

「関関同立」――関西の名門私立大学4校、同志社大学・立命館大学・関西大学・関西学院大学の4校の頭文字を並べた言葉だが、「関関」の2文字はそれぞれどちらの大...

2018/9/11

世界自然遺産登録を目指している奄美大島・徳之島。国立公園になり,これから島の内外から熱い視線を集める,この地域に関する博物館の宝を一堂に展示します。イベン...

2018/9/11

今回、長島美術館の収蔵品の中から日本近代絵画の巨匠第2弾として、黒田清輝、和田英作、橋口五葉、有島生馬の4人の画家の作品をご紹介いたします。日本近代絵画の...

注目情報
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

全国50の宿の頂点に輝いた料理が...まさに傑作!

水族館

あの人気者、実は国内で2か所でしか会えないんです

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ