「饅頭の天ぷら」どこまで根付いてる? 調べてみると、その原点は...

2018年7月19日 06:00

単なる変り種、ではないらしい

「揚げ饅頭」とか「天ぷら饅頭」と、呼び名はいろいろあるようだが、揚げ饅頭だといわゆる「かりんとう饅頭」のような、衣をつけずに油で揚げた饅頭と混同してしまいそうなので、今回は天ぷら饅頭と呼ぼう。

天ぷら饅頭の全国的な認知度を今回は探ってみたいが、広島出身の記者にはちょっとなじみがある。というのも、広島銘菓のもみじ饅頭を天ぷらにする、という食べ方がメーカーによって推奨されているし、宮島では串に刺さった状態で「揚げもみじ」という商品が販売されているのだ。

個人的にはちょっと変わったおやつの一種、といったところ(画像は紅葉堂の公式サイトより)
個人的にはちょっと変わったおやつの一種、といったところ(画像は紅葉堂の公式サイトより)

市内の天ぷらが食べられるお店も、メニューにもみじ饅頭の天ぷらがあったりするので、少なくとも「饅頭を天ぷらにするという食文化があるんだな」と、理解はしていた。

上京してからも、都内の天ぷら屋などで見かけることがあったので、勝手に全国的な食文化だと思い込んでいたのだが、改めて調べてみると、そうでもなさそうなのだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ