高松市歴史資料館 収蔵品展「Japanesefolktoys」 | ―郷土玩具の旅―

2019年5月24日 10:00

   他に類を見ない種類の豊富さ、質の高さ、なによりその愛らしさで「JAPANESEFOLKTOY」として海外でも人気の高い日本の郷土玩具。もともとは紙や土、木や藁など、身近に手に入る素材を用いて作られてきた、ふるさとのおもちゃです。そこには、子どもの健やかな成長や家内安全、五穀豊穣、病気平癒といった人びとの願いや祈りがこめられており、古くから土地に根付いた祭りや節句に合わせて作られてきました。玩具のひとつひとつに、昔の風俗や暮らしぶり、その土地柄が色濃く反映されています。例えば、かつて馬の名産地であった東北地方では、家族と一緒に馬が同じ屋根の下に住まう生活のなかで生じた強い愛着から、多くの馬の玩具が作られました。日本三駒のひとつと称される青森県の八幡馬は、八幡宮の例大祭での馬市で売られていった愛馬の無事を願い、その身代わりとして買い求められたものでした。このように、郷土玩具の背景を知り、彼の地に想いを馳せることは、ちいさな旅をするようなものかもしれません。本展では、歴史資料館の収蔵品を中心に全国47都道府県の郷土玩具を展示・紹介します。また、全国的にも有名な、讃岐おもちゃの会の機関誌「ふりつち」や、四国の郷土玩具研究で知られる郷土史家の加藤増夫の著作、現在活躍されている張り子作家の作品など、香川県の新旧郷土玩具事情についても紹介します。是非、日本各地の郷土玩具との出会いをお楽しみください。

イベント詳細ページへ

会期

2019年4月27日(土) ~ 7月15日(月)

会場

高松市歴史資料館

所在地

〒760-0014 香川県高松市昭和町1-2-20

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ