岩手県宮古市からのお取り寄せ 「田老かりんとう」が復活

2014年1月 7日 20:19

[OH!バンデス‐ミヤギテレビ] 2013年12月16日放送の「日本全国おとり寄せ」のコーナーで、岩手県宮古市の名物「田老かりんとう」が2年ぶりに復活したということで取材していました。

岩手県宮古市の名物「田老かりんとう」は、棒状ではなく渦巻き状になっている独特の形が特徴です。3代目の田中さんは、この渦巻き状が本来の形だと思っていて、初めて棒状のかりんとうを見た時にカルチャーショックを受けたそうです。

道の駅たろうウェブサイトより
道の駅たろうウェブサイトより

東日本大震災では、大津波が町に甚大な被害を与えました。レシピも道具もすべて流されてしまい、もう作ることが出来ないと思ったときに、かりんとうの生地を切るための道具である「トンネル」が奇跡的に発見されました。

これは、もう一度作れという運命だと感じ、試行錯誤の末、再稼働。水や湿度の違う町中から外れた新工場、昔と同じものを作るのにとても苦労したそうです。

それでも、4年前に亡くなった2代目のリノさんが「日々お客さんの喜ぶものを作りたい」と頑張っていた姿が田老かりんとうの原点だと、3代目がその意思を受け継ぎました。

2種類の生地を使用し混ぜる作業など手作業にこだわり、手間暇かけて作られたかりんとうは、やさしい黒蜜の味と2種類の食感の違いが口の中で楽しめ手が止まりません。パッケージも一新し、宮古市の名物としてまた人気となりそうです。(ライター:Jessy)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ