ロッテ本拠地、ゾゾタウンが命名権→略称どうなる? ゾゾスタ、ゾゾマリ、ゾマスタ...

2016年11月18日 21:00

千葉ロッテマリーンズのファンなら懐かしく想い出すのが、2005年の日本シリーズではないだろうか。名将ボビー・バレンタイン監督の下、快調に勝ち進み、パリーグ優勝を果たした。渡辺俊介、小林宏之、清水直行といった投手陣も素晴らしかったが、今江、西岡、サブロー、福浦、里崎など打線の活躍も目覚ましかった。日本シリーズでは、阪神をなんと4連勝で下し、日本一に輝いたのだ。もう10年以上も前のことだが......。

その当時の球場名は、千葉マリンスタジアム。2011年、ネーミングライツ(施設命名権)契約により、「QVCマリンフィールド」となった。ところが契約期間中にも関わらず、契約解除の申し出があったため、新たな契約先を募集していた。

2016年11月17日、日本経済新聞の報道によると、命名権を取得したのは、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイ社、球場名は「ZOZOマリンスタジアム」になるという。新名称は12月1日から採用されるとのこと。

11月18日、千葉ロッテマリーンズの公式アカウントからも、次のように投稿された。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ