衣装と意匠 | 武家のよそおい

2018年7月 5日 10:00

   皆さんはどのような時に「和服」を着ますか。日本の民族衣装である和服ですが、現在、私たちは日常、洋服を着て生活しており、日常生活において和服に触れる機会は減りました。和服が身近に感じられなくなったのは、冠婚葬祭や年中行事など特別な日の衣装、僧侶や神職、伝統芸能の従事者、力士、旅館の女将や仲居といった特定の職業の仕事着、博物館や美術館でガラスケース越しに見る資料という印象が強くなってしまったことも一因かもしれません。その一方で、2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、訪日観光客への「おもてなし」として「日本・日本人らしさ」「日本の伝統文化」について考える機会、日本を表現する道具の一つとして和服に注目する機会、日本らしさを伝えたい・感じてもらいたいという気運は高まっているのではないでしょうか。とはいうものの「日本らしさ」を誰かに伝えるのは難しくありませんか。華道・書道・茶道など日本の伝統文化として海外でも知られる習いごとを始めるのも一つの方法かもしれませんが、日本らしいものについての知識を得るというのはどうでしょう。本展では、当館で収蔵する盛岡南部家ゆかりの衣装を展示します。武家の衣装の形・素材・色・文様などを通して、日本らしさの一端に触れてみませんか。

イベント詳細ページへ

会期

2018年7月28日(土) ~ 9月24日(月)

会場

もりおか歴史文化館

所在地

〒020-0023 岩手県盛岡市内丸1番50号

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ