ミュージアム情報 岩手県

ミュージアム情報

2018/11/27

盛岡城で消費する野菜などを栽培するために整備した地域である「菜園」,北上川の流路の切り替えでできた地域である「大沢川原」。現在の盛岡市中心部にあたるこのか...

2018/11/23

平成30年に明治維新から150年を迎えることにあわせ,幕末の混乱の中で最後まで武士として命をかけた人物や,新たな時代を迎えた盛岡について資料をとおして紹介...

2018/11/13

「器」とは、入れ物のこと。「器」とは、道具のこと。「器」とは、ものの機能や人物の才能や人格のこと。「器」という短い言葉の中には、実に多様な意味が含まれてい...

2018/7/5

皆さんはどのような時に「和服」を着ますか。日本の民族衣装である和服ですが、現在、私たちは日常、洋服を着て生活しており、日常生活において和服に触れる機会は減...

2018/4/17

今年は近代日本の幕開けともいえる「明治」が始まって、150年という節目の年になります。「明治」という時代をどのように位置づけるかは、個人の考え方や歴史観に...

2018/2/27

水原秋櫻子は、大正末から昭和初期にかけて高野素十、阿波野青畝、山口誓子とともに『ホトトギス』の四Sとして活躍したが、ほどなく高浜虚子の「客観写生」「花鳥諷...

2017/11/11

昭和時代ごろまでの資料を中心に、冬の暮らしを支えたさまざまな道具や、冬の情景を写した写真などをご紹介いたします。寒さと共に歩んできた盛岡の人々の暮らしの工...

2017/7/20

洋の東西を問わず、さまざまな形で美術工芸品の中に表現されてきたモチーフのひとつである動物。古来、それらの動物たちにはそれぞれ特有の意味が与えられていました...

2017/4/14

盛岡南部家の歴代当主の実態を掘り下げ「殿様」の実像に迫り、改めて盛岡の歴史を辿る企画展の第2弾。初代盛岡藩主の南部信直が盛岡を拠点と定め、2代利直・3代重...

2017/1/13

 盛岡南部家、七戸南部家、城下町盛岡・遠野の商家に伝わる雛人形・雛道具、もりおか歴史文化館で所蔵している「上巳(桃)の節句」に関連する資料を中心に展示しま...

2016/11/22

 1886年盛岡市に生まれた五味清吉は、1906年に上京して2年後に東京美術学校西洋画科に入学、明るい戸外の光に照らされた外光表現を学びました。文展や帝展...

2016/11/15

 昨年に創設50周年を迎えた「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」(通称BIB)はスロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年毎に開催される世界最大規模の絵...

2016/9/24

 岩手県を代表する伝統工芸品であり、国内だけではなく国外からも注目されている「南部鉄器」。ここ盛岡では、江戸時代に藩主南部家の庇護のもと、お抱えの釜師・鋳...

2016/7/16

岩手県立美術館では、これまでにいくつかの展覧会を通じて、岩手の現在のアートシーンを紹介してきました。なかでも、2011年に開催した「'70、&#...

2016/5/3

戦前、戦後の映画の黄金時代、日本にヨーロッパ映画を中心に配給していた東和商事(のちの東宝東和)に所属し、デザインの第一人者として、約30年間、1000枚以...

2016/4/7

「盛岡」の歴史は「南部」という一族の動きと密接な関係にあり、南部家についての理解を深めることは、盛岡を知る第一歩ともいえるでしょう。しかし盛岡の「殿様」と...

2016/3/23

 20世紀イタリアを代表する画家、ジョルジョ・モランディ(1890-1964)。数々の新興芸術運動が花開いた激動の時代にあって、その生涯のほとんどを故郷ボ...

2016/1/21

 この展覧会は、2015年秋に開催された第68回岩手芸術祭美術展の受賞(芸術祭賞、優秀賞、奨励賞)作品に加え、日本画、洋画、版画、彫刻、工芸、書道、写真、...

2015/10/28

現在盛岡市内には国指定、または国登録等の文化財が30件、岩手県指定58件、盛岡市指定183件、合計271件の指定文化財が所在します。今回の企画展では、当館...

2015/10/27

大人気の絵本作家、イラストレーターの荒井良二さん(1956年山形県生まれ、東京都在住)。荒井さんの作品がこの冬、岩手県立美術館にやって来ます!豊かな色彩と...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
ひろしまサンドボックスチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
注目情報
小倉城

食の魅力もいっぱい!市政55年を迎えた北九州市を紹介

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ