切実すぎるよ... 「日本モンキーセンター」がTシャツを販売した理由がなんか泣ける

2019年8月12日 21:00

[ドデスカ!-名古屋テレビ]2019年7月30日放送の「竹田のイマネタ!」のコーナーでは、ツイッターで話題のとあるTシャツについて取り上げていました。

それは、犬山市にある「日本モンキーセンター」の飼育員が売り出したもの。このTシャツを売って集めたお金で、仕事用のTシャツを買い替えたい――という切実なコンセプトが注目を集め、予想外のヒットを飛ばしました。

これが話題になったTシャツ
これが話題になったTシャツ

さて、飼育員の仕事用Tシャツはどうなったのでしょうか。この日の番組が、その後を追っていました。

Tシャツが500枚売れれば...

発端となったのは、日本モンキーセンターの公式ツイッターが6月初旬に、

「貧乏なモンキーセンターは被服費を被服を売って稼ぐことになりました。飼育スタッフが描いた、このダサいTシャツが500枚売れればスタッフ全員のTシャツを買い換えられます」

と投稿したこと。

飼育員がデザインしたTシャツは「ユニクロUT me!」で販売。上記のツイートが話題になったこともあって、Tシャツは当初の想定を大きく上回って1600枚も売れたそう。

その利益でスタッフのTシャツを新しくすることができたのだそうです。

しかし、モンキーセンターの経営が苦しいため、Tシャツの利益全てをスタッフの被服費に当てることはできず...。スタッフに支給されたTシャツは一人一枚でした。

毎日新しいTシャツを着ることはできないため、、スタッフは新しい物と古い物を上手く着まわしています。思った以上に売れたTシャツの利益の残りは、全てサルたちのために使うのだそうです。

愛知県ではモンキーセンターは、学校遠足の行先だったりと、小さなころから馴染みのある身近な施設です。「困っているなら応援したい!」と手を差し伸べてくれる人たちの力で、日本モンキーセンターは成り立っています。

(ライター:ケイ)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ