ミュージアム情報 茨城県

ミュージアム情報

2019/5/22

“マンガの神様”と称される手塚治虫(1928-89)。マンガ家であり、アニメーターであった手塚治虫は、その作品に「人間とは何か」「生命とは何か」などのメッ...

2019/5/20

ギャグ漫画家としてデビューし、いまや日本を代表するイラストレーターとしても活躍する江口寿史氏。江口流というべき絵作り、とくに女性を美しく描く卓抜したセンス...

2019/5/17

人工衛星に搭載された特殊なカメラ(センサー)で地球を観察すると、人間の目で見たのではわからない地球の顔が見えてきます。色の違い、地球の凹凸(標高)、温度等...

2019/5/17

筑西市美術家協会と当館との共催による絵画展を開催します。同協会は、平成22年度に当館主催にて開催した「筑西の美術2010-絵画展-」を契機として結成された...

2019/5/17

茨城県下館町(現・筑西市)に生まれた板谷波山(1872-1963)は、陶磁器の最先端の技術を学び、アール・ヌーヴォー様式の意匠や新しい釉薬の研究に着手しま...

2019/3/11

龍ケ崎市在住の日本画家・倉島重友(1944-)の、東京藝術大学卒業50年を機に開催する展覧会。倉島は、昭和46年に再興第56回院展で初入選したのち平山郁夫...

2019/3/6

2019年は、明治政府に近代測量を行う機関が設置された1869年(明治2年)から満150年です。国土地理院は、本年を「近代測量150年」と位置づけ、様々な...

2019/3/2

重要無形文化財「紬織」保持者(人間国宝)・志村ふくみの初期から近年に至る作品の全貌を紹介。紬織の作品を芸術の域まで高めた手仕事のちからと魅力をどうぞご堪能...

2019/3/2

現代アートコレクターとして名を馳せる宮津大輔氏は、幼いころからの美術好きが講じ30歳から給料で買える範囲内で現代アート作品の蒐集をはじめられました。氏の4...

2019/3/2

科学的な恐竜研究が開始されたおよそ200年前には、恐竜は巨大なトカゲのような動物であると考えられていました。しかし、研究が進むにつれ、恐竜はより活動的な動...

2019/3/2

産総研では、研究成果の中で特筆すべきものについて、プレスリリースや主な研究成果としてウェブ発信を行っています。今回の展示では、2018年に地質調査総合セン...

2019/3/2

本物の化石から樹脂(おゆまる)で型取りをしましょう。その型に石コウを流し込んで、しばらく待ちます。固まったら、型からレプリカを取り外して本物と比べてみまし...

2019/1/23

「創作と対話」をテーマとする本企画は、展覧会に代わって、次の3つの要素で構成されます。一部プログラムを除き、無料でご入場いただける特別企画です。①招聘アー...

2019/1/17

1898年創立の日本美術院が主催する日本画の展覧会「再興第103回院展」に出品された作品の中から、田渕俊夫、那波多目功一ら日本美術院同人の作品をはじめ日本...

2018/12/28

国土地理院「地図と測量の科学館」では2019年1月5日(土)から2月17日(日)まで企画展「第22回全国児童生徒地図優秀作品展」を開催します。1997年か...

2018/12/18

ヴィクトリア時代はイギリスの歴史の中で最も輝いていた時代でした。本展では同時代のジュエリーを中心に、ウエディングの衣装やテーブルセッティング、アンティーク...

2018/12/14

いろいろなきれいな砂について、実体顕微鏡で観察し、そういう砂がなにでできているのか、どうしてそういうきれいな砂ができるのか、について学習しましょう。記念に...

2018/12/13

何気なく目にする果物には,その数だけ,形や色,香り,花のつくり,果実のつき方など,多種多様な特徴があります。本企画展では,さまざまな角度から果物の特徴にス...

2018/12/8

開館30周年を迎えた茨城県近代美術館のコレクション約4,000点の中から、横山大観「流燈」やルノワール「マドモワゼル・フランソワ」をはじめオールスター級の...

2018/12/4

国土地理院「地図と測量の科学館」では、「2018地図と測量のおもしろ塾」(全4回開催、各回の内容は異なります。)を開催しております。最終回となる第4回は、...

アクセスランキング
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ