「常に準備をしておく!」ねじの教えに我が意を得たり。

2020年10月20日 07:57

野球に学ぶ「これからの生き方」
~世界大会三連覇・少年野球監督が語る野球の魅力と底力~

 NPO法人「ベースボールスピリッツ」理事長で、少年野球チーム「宝塚ボーイズ」監督の奥村幸治さん。
 かつてはイチローのバッティングピッチャーを務め「イチローの恋人」といわれ、少年野球チーム結成後は、現在ニューヨーク・ヤンキースで活躍する田中将大の才能を見いだし、キャッチャーからピッチャーへ転向させたほか、世界少年野球大会(カル・リプケン杯)では日本チームを3連覇に導いた指導者です。

 奥村幸治著『野球に学ぶ「これからの生き方」』(扶桑社新書)には、人間力を高めるヒントがいっぱいです。ここでは数回に分けて本書のエッセンスを抜粋して紹介しています。

連載6回目のテーマは「常に準備する」

「高い意識をもて」「自分の頭で考えてアクションを起こせ」

 田中将大投手が駒大付属苫小牧高校に入学したのはいまから思えば素晴らしいご縁でした。もともとは近畿の強豪校から声をかけていただいていたのですが、野球部の監督が交代されることになり、志望校を変更せざるを得なくなりました。二〇〇四年春に「宝塚ボーイズ」から田中将大と山口就継の二人が駒大苫小牧に入学。当時の香田誉士史監督から教えていただいたエピソードをご紹介しましょう。

 この二人がまだ入学したてのころ、経験を積ませるのもいいだろうとベンチ入りをさせたそうです。試合が拮抗したまま進んで、ここは代打を送る必要があるなと思ったときに、田中、山口の二人の一年生は既に素振りをして準備をととのえていました。「一年の春から試合の展開を見ながら準備できるなんてなかなかできないこと、ほんとうに驚いた」とほめていただきました。
「宝塚ボーイズ」の子どもたちには「高い意識をもて」「自分の頭で考えてアクションを起こせ」と指導しています。それまで親や先生、コーチに「これをしなさい、これをしてはいけない」と指示されることが多いので、最初はとまどい、なかなかうまくいかないことも多いのですが、それでも少しずつ身についていくのです。

あれこれ ワードスプリング

大手出版社、老舗出版社、一部上場企業、世界遺産の神社仏閣、地方自治体などと連携してユニークな書籍を編集したり、発行したり……、あるいはこれまでにないオリジナリティあふれるイベントやキャンペーンを多数企画し、話題を提供し続けています。
株式会社ワードスプリング:https://www.wordspring.co/
アクセスランキング
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ