今しか見られない早春の花々がお出迎え、六甲高山植物園で4日間限定の特別開園

2016年2月26日 18:43

   2016年2月27日・28日、3月5日・6日の4日間、冬期休園中の六甲高山植物園(神戸市灘区)で、「冬期特別開園」が開催されます。

   寒さに負けずに凛と咲く「バイカオウレン」の群落、黄金色の花が愛らしい「フクジュソウ」等、今しか見られない早春の花々が観賞できます。

   また、各日の10時15分からと5日・6日の13時から「早春の花を巡る、花のガイド」が実施される他、27日・28日の11時30分からは「豚汁のふるまい」(各日限定100食)が予定されています。

   さらに、入園回数券(5回券)の特別割引販売(通常2400円が2000円)、植物園オリジナルカレンダーの進呈、4月28日から特別企画が開催される「ヒマラヤの青いケシ」の写真のプレゼント(各日先着100名)等、特典も盛りだくさんです。

   開催時間は10時から16時(受付は15時30分で終了)まで、料金は大人520円、小人260円で、悪天の場合は中止で延期はありません。

   なお、植物園より徒歩3分の「六甲オルゴールミュージアム」にも行く人は、セット券(通常大人1230円が1130円、通常小人620円が570円)の購入がお得です。両施設を利用した人のみ、駐車料金無料等の特典もあります。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ