冬季スポット展示 干支「亥」

2018年12月18日 10:00

   平成31年は亥年(いのししどし)です。干支が動物の姿として鏡背面の模様の一部になるのは、隋・唐の時代から。それ以前の漢の時代には、鏡に干支が文字として登場し、図柄に方位を与えていました。今回の展示では、文字で干支が表された鏡を展示し、昔から続く人とイノシシの関わりを紹介します。

イベント詳細ページへ

会期

2019年1月2日(水) ~ 3月12日(火)

会場

兵庫県立考古博物館加西分館「古代鏡展示館」

所在地

〒679-0106 兵庫県加西市豊倉町飯森1282-1兵庫県立フラワーセンター内

インターネットミュージアム
兵庫県 最新記事
2019/1/15

2019年の成人の日は1月14日で、この日の前後には各地で成人式が行われた。晴れ着で着飾る若者たちが目立つ日だ(d'n'cさん撮影、flickrより)毎年...

2019/1/15

突然で恐縮だが、電車や飲食店のカウンターなどで、座席が「●○○○○○●」(=黒い丸が人、白い丸が空席)という形で埋まっている場合、どこに座るか少し悩まない...

2019/1/14

広島東洋カープといえば、お馴染み「C」のマーク。現在でも、選手のキャップやヘルメットに付いているほか、過去にはユニフォームの左胸にマークがあったことも。こ...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
saga5_80x80.png

海の中に立つ鳥居。これが満潮になると...

釣り

回転で流れて来た握りは...

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ