冬季スポット展示 干支「亥」

2018年12月18日 10:00

   平成31年は亥年(いのししどし)です。干支が動物の姿として鏡背面の模様の一部になるのは、隋・唐の時代から。それ以前の漢の時代には、鏡に干支が文字として登場し、図柄に方位を与えていました。今回の展示では、文字で干支が表された鏡を展示し、昔から続く人とイノシシの関わりを紹介します。

イベント詳細ページへ

会期

2019年1月2日(水) ~ 3月12日(火)

会場

兵庫県立考古博物館加西分館「古代鏡展示館」

所在地

〒679-0106 兵庫県加西市豊倉町飯森1282-1兵庫県立フラワーセンター内

インターネットミュージアム
アクセスランキング
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

20190313touden2.jpg

クイーンズ伊勢丹のバイヤーに聞く「福島牛」の現在とは

20190222koshiduka_a.jpg

駅内の人気店も待望の復活。一風変わったスタバも出店します。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ