三田線車両基地の真上にそびえたつ「都営西台アパート」...昭和が生んだ巨大団地の現在

2014年11月28日 16:50

車両基地の上にはプール付きの小学校もあった

8号棟の西隣は広大な駐車場になっているが、おばあちゃんたちの話では2002年3月まで「区立高島第四小学校」があったという。

小学校跡地
小学校跡地

近くの図書館に立ち寄り、資料「開校20周年記念誌 わたしたちの蓮二小」を開くと――1998年撮影の航空写真が載っている。駐車場スペースはそれほど広く感じないのだが、学校にはプールもあった。

town20141128shimura13.jpg

今年の6月に開業した虎ノ門ヒルズは、道路の上に超高層ビルが建っていることで話題になったが、ある意味で都営西台アパートはその先駆者だ。というか、こっちの方がすごいかもしれない。

比較的若い世帯が暮らしているとおばあちゃんたちが話す、5・6号棟にも行ってみることに。その途中に区立の保育園を発見。

town20141128shimura14.jpg

気分に任せて撮影を続けていると、灯油売りの軽自動車がやってきた。

車両基地の北側にも線路上に集合住宅がある。こちらは「東京都交通局志村寮」で、東から順に1~3号棟がある。いずれも5階建てで、地下鉄職員だけでなく都バスの職員も住んでいる。

東京都交通局志村寮
東京都交通局志村寮

つい最近まで4号棟が存在していたが、耐震性に問題があり解体された。残り3棟の柱が目に焼き付いた。

town20141128shimura16.jpg

再び西台アパートへ戻る。5号棟の直下には、留置線番号を示すパネルがぶら下がっている。
人工地盤の下にある留置線は1~16番線まであり、17番線は半分外にはみ出ているような状態。
18番線は青天井。相互乗り入れしている東急目黒線の車両が留まっていた。
最も南に位置する19番線は線路が残っているものの、パネルの文字が消されて架線が取り外されている。もう使われていないのか。

town20141128shimura17.jpg
西台アパートと西台駅の間にある留置18番線
西台アパートと西台駅の間にある留置18番線

西高島平駅~西台駅にかけてのエリアは、1960年代に開発された「高島平団地」にあたる。完成時は東洋一のマンモス団地と呼ばれピーク時は3万人の住人がいたが、現在は約半分まで減少している。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ