大河「軍師官兵衛」に地元から意外な不満 地名のイントネーションが違う?

2014年1月 6日 14:04

大河ドラマ「軍師官兵衛」が2014年1月5日スタートしたが、地元・兵庫県民から意外な「不満」が聞こえてきた。なんでも、「登場する地名の発音が違う!」というのだが......。

第1話では、主人公・黒田官兵衛(如水)の少年時代が描かれ、故郷の姫路、また少年官兵衛が敵に捕らわれる龍野(現:たつの市)が主な舞台となった。

当然、劇中ではこれらの地名がたびたびセリフに登場する。ところがこのイントネーションについて、視聴者の一部から「物言い」がついたのだ。

「だーかーらー!!!龍野のイントネーションちゃうーーー!」
「龍野も、目黒じゃなくて代々木・上野のイントネーションですのでお間違えなく。まあ播州弁じゃない時点で何言っても、て感じですが」
少年官兵衛が囚われの身となった龍野城(Stéphane Dさん撮影)
少年官兵衛が囚われの身となった龍野城(Stéphane Dさん撮影)
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ