知ってた?「小岩井乳業」の意外な由来 実は、地名でも人名でもなく...

2019年7月15日 11:00

コーヒー、牛乳、ヨーグルトなどでお馴染みの「小岩井乳業」。苗字や地名と思われがちな「小岩井」だが、その意外なネーミングの由来がツイッターで話題となっている。

ヨーグルトのアルミフタに記載が(kagshunEMANON@kagshuntravelさん提供)
ヨーグルトのアルミフタに記載が(kagshunEMANON@kagshuntravelさん提供)

話題の発端になったのは、ツイッターユーザーのkagshunEMANONさんの投稿だ。

「東北の民であれば知らぬ者のいない『小岩井農場』ですが、まさか『小野さん』『岩崎さん』『井上さん』の頭文字だったとは知りませんでした」

そう、「小岩井」は小岩井乳業の原点である小岩井農場の創始者となった、小野義眞(ぎしん)、岩崎彌之助、井上勝の頭文字をそれぞれとったもの。岩手県では関連会社である小岩井農牧が運営する総合生産農場の「小岩井農場」も観光スポットとして知られている。

kagshunEMANONさんが投稿したのは、ヨーグルトのアルミフタ。そんなところにがっつり記載されているのも驚きだが、ツイッターでは、

「え、小岩井さんがいると思っていました!!!衝撃です!」
「私も地名だと思ってました」

といった声が相次いでおり、投稿主のように知らなかった人も多くみられる。

名付け方がまるで「KAT-TUN」のようだという声も上がっているが、小岩井農場が創業したのは1891(明治24)年。100年以上も前から時代を先取っていたようだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ