新しい供養の形と、前向きな「死」の捉え方 業界のパイオニアに聞く「現代のお墓事情」

2018年11月26日 12:00
提供元:まごころ価格ドットコム

ひと昔前までは「亡くなったらお墓」が当たり前だったが、今では供養の形も多様化が進んでいる。たとえば散骨、納骨堂、永大供養。さらには、「バルーン葬」や「宇宙葬」といったあまり聞きなれない選択をする人も増えているというのだ。

Jタウンネットでは、遺骨の引っ越しなどを指す「墓じまい」の需要が高まっていることを前編記事で紹介した。今回は、お墓にまつわる様々なニーズに対応している「まごころ価格ドットコム」の遠藤克俊社長に、改めて現代のお墓事情を聞いてみた。

まごころ価格ドットコムの遠藤克俊社長
まごころ価格ドットコムの遠藤克俊社長

「お墓」というとどうしても暗く、ネガティブなイメージがつきまとってしまうが――。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ