インスタ映え確実!「大根おろしアート」 かわいく作るポイントは?実践した記者が教えます

2018年11月 3日 08:00
サンマの上はオバケ。下はジャック・オー・ランタン(Jタウンネット撮影)
サンマの上はオバケ。下はジャック・オー・ランタン(Jタウンネット撮影)

サンマが旬を迎え、秋も深まり鍋が恋しくなる季節だ。ここ数年、今くらいの時期になるとネットで、大根おろしを使った「SNS映え」する画像をアップする人が増える。

「大根おろしアート」とも呼ばれるこの作品たちは、サンマや鍋、卵焼きなどさまざまな料理に添えられている。サンマにはやっぱりネコが人気のようだが、鳥やカピバラ、好きなアニメキャラクターを添えている人もいた。ここで、いくつかご紹介しよう。

SKE48の末永桜花さんも、大根おろしアートを楽しんでいた。ポーズもかわいい。

北海道に生息する野鳥、シマエナガ。雪の妖精とも呼ばれそのかわいい姿が人気だが、これも作りやすそうだ。

ところで、こういった楽しみ方はいつから始まったのだろうか。起源を検索していくと、さかのぼること5年前、2013年12月に鍋の中に大根おろしで白くまを作ったkimimaro(@kimimaro0802)さんのツイートにたどり着いた。どうやらこの白くまの愛らしい姿が話題となり、一気に広まったようだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ