飲食店は「加熱式たばこ」をどう見ているか 紙巻きとの差は?リアルな意見、聞いてみた

2018年10月30日 11:00

2018年6月、東京都受動喫煙防止条例が可決・成立した。東京五輪が開催される20年春の全面施行に向け、これから飲食店やホテル、病院など公共の場での分煙がさらに進むことになる。

一方、たばこ業界に目を向けると、ここ最近存在感を急速に増しているのが「加熱式たばこ」だ。紙巻きと比べて煙やニオイが少ないとされる点など、非喫煙者への配慮にもなると考え、加熱式の切り替えを決める人も多い。

加熱式と紙巻き...飲食店の「リアルな意見」を調べた(画像はイメージ)
加熱式と紙巻き...飲食店の「リアルな意見」を調べた(画像はイメージ)

では、非喫煙者と喫煙者が「共存」する場の1つである飲食店側は、普及が進む加熱式たばこをどう見ているのだろうか。Jタウンネット編集部が取材した。

アクセスランキング
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ