プロの写真家が山形の職人を撮ったらこうなる 「とにかくカッコいい」「戦闘能力高そう」

2020年3月29日 08:00
佐藤繊維(寒河江市)のニット (ヨシダナギ撮影、山形県ポータルサイト「いいもの山形」より)
佐藤繊維(寒河江市)のニット (ヨシダナギ撮影、山形県ポータルサイト「いいもの山形」より)

ヨシダナギさんという写真家をご存じだろうか。

約10年前から単身アフリカへ渡航し、アフリカをはじめとする世界中の少数民族を撮影し、作品を発表している。鮮やかな色彩感覚と直観的な生き方が評価され、2017年には日経ビジネス誌で「次代を創る100人」などに選出され、講談社出版文化賞写真賞を受賞した。

そのヨシダさんが、山形県のものづくりの現場を撮影した。山形ならではの色彩の世界を表現している。

たとえば上の写真は、山形県寒河江市にある佐藤繊維のニット工場。「極細のモヘア糸」を紡ぐクリエイターたちだ。エネルギーと活気にあふれる独特のポージング、鮮やかな色彩感覚は、まさにヨシダナギさんならではの世界観だろう。

山形県とヨシダナギさんとのコラボは、いったいどうやって実現したのだろうか。Jタウンネット編集部は、山形県商工労働部産業政策課に詳しい話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ