「ただものでない」ウインタースポーツの祭典 極寒の北海道日高町で開催

2014年12月19日 11:15

バナナもアッという間に凍る氷点下の世界で「10種競技」!

   マイナス20度、バナナもシャボン玉もアッという間に凍る冬の北海道。本イベントは、極寒地域ならではの特性を存分に活かし、主体的に極寒を楽しむ町内外の人たちをつなぐことを目的として開催される。寒さで敬遠されがちな地域の魅力に、体験・体感型イベントを通じて触れてもらうことで、新しい地域のファンを掘り起こすことが狙いだ。

   競技種目は、極寒の中で濡れたタオルを凍らせる「タオル大回転」や、ゴムチューブで滑走する「人間カーリング」など、通常のウインタースポーツでは体験できないユニークなアクティビティばかり。スキーやスケートの腕前とは関係なく楽しめそうだ。

   参加費は3000円(税込)。雪上乗馬体験の「1500メートル ホーストレッキング」など、別途オプション料がかかる競技もある。申し込みおよびイベント詳細は、専用ウェブサイト(http://socialdesignschool.jp/coldhidaka/)で。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ