「これで700円はヤバイ」「値段ぶっ壊れてた」 コスパ最強?北海道の海鮮食堂が話題

2020年3月17日 11:00

「できるだけ安く提供したい」

月に1~2回のペースでマルトマ食堂を利用するというバンドリさん。店の印象について、こう説明した。

「地元の漁業関連の方も利用する食堂なので、小ぎれいな雰囲気ではないですが、店員の方も親切ですし、ざっくばらんな雰囲気が自分は逆に好きですね。

このように通常ではあり得ないような他の格安メニューは、たまに登場します。ウニが一折乗った丼なども2000円で提供されていました。観光客の方も多いのですが、全てのメニューが豪快なので配膳された時、『おぉ?!』というような驚きの声をよく聞きます」

バンドリ(@kkazukkiiii)さんのツイートより
バンドリ(@kkazukkiiii)さんのツイートより

冒頭のツイートに反響があったことについては、「地元の魅力を多くの人に知ってもらえたことはすごく嬉しいです。新型コロナウイルスの影響で、観光地はどこも苦しい状況にありますが、地域に愛されるマルトマ食堂の味をぜひご賞味いただきたいです」という返事が返ってきた。

次に、Jタウンネット編集部は、マルトマ食堂にさらに詳しい話を聞いてみた。


電話で答えてくれたのは、マルトマ食堂の代表、三浦未(いまだ)さんだ。

「うちは苫小牧市の公設地方卸売市場の中にありますから、その日水揚げされた魚をできるだけ安く提供したい、という気持ちでやっています。一応、定価は決まっていますが、その日その日で臨機応変、値段を決めています」

特別に安くする場合は、随時、フェイスブックで告知しているという。

バンドリ(@kkazukkiiii)さんのツイートより
バンドリ(@kkazukkiiii)さんのツイートより

マルトマ食堂フェイスブックをのぞいてみると、3月9日には、こんな投稿があった。

「今日の営業は終了したんですが......この状況なのに思った以上にお客様が来て下さり、本当に感謝ですありがとうございまーす

余計なお世話ですが......お昼は11時ぐらいから14時までは並んでお待ちになるので......最近の狙い目は朝7時ぐらいから11時の間だと並ばずに入れると思いますので......是非時間をずらしてみるのもありかと」


コロナの影響を聞いてみると、「たしかに外国人観光客は減りましたが、日本人観光客はあまり影響を受けていません。名古屋や東京から来られる方は大勢いらっしゃいます」と三浦代表は明るく答えた。

おすすめメニューは毎日変わるので、フェイスブックなどで確認して、ご来店くださいとのことだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ