マンガを超えたドキュメンタリー オタフクソースの新人、「お好み焼」伝道のため世界へ

2016年10月 7日 17:49
広島市内にいたポーランド人に滅茶苦茶な英語で話しかけ、きっかけをつかもうと必死の秋田くん
広島市内にいたポーランド人に滅茶苦茶な英語で話しかけ、きっかけをつかもうと必死の秋田くん

   広島の庶民の味といえばお好み焼。美味しさを引き立てるオタフクお好みソースは、ソースの売り上げで日本一を誇る。その要因は販売元であるオタフクソース(広島市西区)のお好み焼愛にある。社員が一丸となって全国各地で普及活動を繰り広げた結果、広島発の味が地域を問わず支持されるようになった。その情熱はアメリカや中国をはじめ世界中に広がりつつある。

   2016年10月7日、そうした活動を紹介するドキュメンタリーWEB動画がYouTubeに公開された。タイトルは「秋田くん(18)世界でお好み焼を焼く」(全4回)。主人公は同社の「お好み焼課」(通称「焼き課」)に所属する新人・秋田悌くん(18)で、「自社のソースが世界で通用するかどうか、実際に自分の目で確かめてこい」とミッションを与えられた。彼は入社以来練習を繰り返し、ようやくお好み焼が上手く焼けるようになったばかり。いったいどんな展開が待ち受けているのか――。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ