岸田劉生展 写実から、写意へ

2019年10月 1日 11:42

   写実から写意へ、約170点の作品でその変遷をたどる。岸田劉生は、生涯渡欧することなく日本にあって、独自に西洋絵画を受容し、大正期に独特の写実で強烈な個性を発揮した洋画家として知られています。また一方で、しだいに対象の内面に潜む美を表現するようになっていきました。本展では、笠間日動美術館のコレクションを中心に、劉生の絵画、版画さらには装丁画などを紹介することによって、当初の西洋美術の受容による「写実」から、後半生に独特の展開を見せた日本画や東洋的な装丁の「写意」へと連なる過程を考察します。劉生による西洋芸術の受容とその超克のありかたを検証することで、日本近代美術の一断面を再検討していくものです。※一部作品に展示替えがあります。

イベント詳細ページへ

会期

2019年11月9日(土) ~ 2020年1月13日(月)

会場

ひろしま美術館

所在地

〒730-0011 広島県広島市中区基町3-2中央公園内

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ