「印象派への旅海運王の夢バレル・コレクション

2019年9月27日 10:00

   産業革命期、グラスゴーは英国随一の港湾都市として栄えました。ウィリアム・バレル(1861-1958)は、この地で家業の海運業に携わり、船舶の売買により巨額の富を得て、「海運王」と称されます。彼は古今東西の美術作品の収集に努め、9000点を超えるコレクションを形成しました。それらの作品は、1944年にグラスゴー市に寄付され、1983年には美術館「バレル・コレクション」が開館しました。本展では、バレルの膨大なコレクションとケルヴィングローヴ美術博物館(グラスゴー)の名品の中から、バルビゾン派や印象派などのフランス絵画、その影響を受けたスコットランドやオランダの画家たちによる選りすぐりの80作品を展示。写実主義から印象派へと至る流れをクールベ、ドガ、ルノワール、セザンヌやゴッホらの傑作を通じて辿ります。

イベント詳細ページへ

会期

2019年11月2日(土) ~ 2020年1月26日(日)

会場

広島県立美術館

所在地

〒730-0014 広島県広島市中区上幟町2-22

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ