厳島に遊ぶ -描かれた魅惑の聖地-

2019年9月25日 10:00

   安芸の宮島の名でも親しまれる厳島は、古来平清盛をはじめとする貴人が参詣に訪れる海上の聖地として知られてきました。江戸時代に入ると遊楽の地、憧れの旅先としてもその知名度を高めます。江戸時代初期には、京都や天橋立、松島など、各地の名所に遊楽する人々の様子を描く名所風俗図屏風が盛んに描かれますが、その中でも厳島を描いた作例数が目立って多いことが、その人気のほどを表しているでしょう。大きな画面に細やかに描きこまれた人々は、船を岸に着けて厳島神社を参拝するだけでなく、弥山の山頂を目指し、商店の並ぶ通りをそぞろ歩き、海辺で賑やかに宴会し、時には踊り、たいへん楽しげに厳島を満喫しています。本展は、これら厳島図屏風を軸に、浮世絵、版本等江戸時代の作例を中心に展示し、当時の人々が憧憬してやまなかった聖地の様子をご覧いただきます。描かれた厳島を堪能した後は、うみもりテラスから現在の厳島の眺望をお楽しみください。

イベント詳細ページへ

会期

2019年11月23日(土) ~ 12月29日(日)

会場

海の見える杜美術館

所在地

〒739-0481 広島県廿日市市大野亀ヶ岡10701

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ