七福神や出世すごろくも 「お正月」がテーマの河鍋暁斎展

2014年1月16日 07:00

[ゴゴたま‐テレビ埼玉] 2014年1月8日の放送では、埼玉県蕨市南町の「河鍋暁斎記念美術館」で開催されている企画展「福尽くし~福神図と遊び絵の世界~展」を紹介していました。

河鍋暁斎は幕末から明治にかけて活躍した絵師で、今回の企画展のテーマはこの季節らしく「お正月」です。力強く描かれた「暴れ馬図」をはじめとした馬の絵や、年の初めにふさわしい七福神など約40点が展示されています。

河鍋暁斎記念美術館ウェブサイトより
河鍋暁斎記念美術館ウェブサイトより

現代で言う「人生ゲーム」のような「出世すごろく」もありました。右半分は「出世コース」、左半分は大酒・朝寝といった「堕落した生活」が描かれています。河鍋暁斎の作風は色使いや絵のタッチも面白く、親しみが沸きます。

ゲームに買ったら賞金がもらえ、負けたら顔に墨を塗られるなどの罰ゲームがある遊びなど、先駆者な作品にも出会えます。(ライター:yt-united)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ