イチョウの葉を折ったら...狐に化けた! クオリティが高すぎる草花アートに注目

2020年1月20日 18:00

「イチョウの葉で狐をつくりました」

稲荷神社に落ちていた葉で狐を作成したという投稿者。青空の下で撮影された写真に、心をときめかせる人が多いようだ。

ツイッターで注目を集めている写真がこちらである。

作者は「あたらしい草花あそび」「作ってびっくり!かわいい草花あそび」などの著作で知られるinori(@kusabanaasobi)さんだ。細い目にこげ茶色の鼻。とんがった耳に細長い体はまさしく狐である。「以前からイチョウの葉が狐の顔に見えていたのですが、体ができて嬉しいです」と呟くinoriさんの投稿には、

「味のある顔ですね。空が青くて気持ち良さそう」
「スゴイスゴイ、キツネさん飛んでる」
「青い空に狐さん合いますね。とっても可愛いです」
「しあわせ感じますね」

といった反応が寄せられている。

落ち葉を狐に化かすことができるなんて...。どうやって折るのだろうか。Jタウンネットは、作者にコツを聞いてみることにした。

何度も何度も実践あるのみ!

イチョウが狐に変身...!
イチョウが狐に変身...!

17日、Jタウンネットの取材に応じたinoriさんによると、乾燥していない葉を使うことがコツだという。

「公園などで見つけたら水道の水で洗って2、3分湿らせておくと折りやすくなります。

作り方はそれほど難しくないと思います。動画を見ていただいて、狐の顔や体をイメージして作るといいと思います」

2枚のイチョウの葉を爪先でかたどる。葉を小さく折り重ねていくことで、次第に狐の顔や体が姿を現す。

動画を見た限り、初心者には難しいのでは...と思ってしまった。しかしinoriさんはこれから葉を折ってみようと思った人に言葉を送った。

「草花あそびのコツは、諦めずに何度か挑戦していただくことです。葉っぱの扱い方に慣れてくると、作りやすい葉っぱを見分けることができるようにもなります。

そして、一度コツが掴めてしてしまえば、あとは何度でもできるようになります。作れるようになるとお散歩もとても楽しくなります」

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ